生理のメカニズム

女性のカラダと切って離せないのが生理です。男性には決して分からない生理痛の辛さなど、女性ならではのカラダの悩みがあります。当サイトでは生理についてのメカニズムや生理痛を制御するお薬などをご紹介してまいります。

生理のメカニズム

生理はなぜ起こる?生理のメカニズム

女性の身体は、思春期の頃から一般的に50歳前後まで、生理という月経が起こります。この生理は、女性ホルモンの分泌が活発になる思春期の頃から、排卵と生理をおよそ4週間の28日~30日の周期で、繰り返し行われるものになります。
生理は、妊娠するための準備のようなもので、エストロゲンとプロゲステロンの、2つの女性ホルモンの働きで、卵胞が大きくなって排卵し、子宮内膜に受精卵を育てるための準備が整えられるのです。受精卵が着床せず妊娠に至らなかった場合には、子宮内膜がはがれ落ちて血液と一緒に排出されることを、月経と呼んでいます。
排卵となる時期は、生理が始まって約14日目に起こるもので、その14日ほど後にはまた次の生理が始まり、女性の身体はこれを繰り返し行っています。こちらにあげた生理の期間は、一般的な期間や周期であって、ひとりひとり個人差があります。
また、生理の1週間ほど前から生理中にかけては、これも個人差がありますが生理痛という症状がでる人がいます。この生理痛は、プロスタグランディンという、はがれた子宮内膜を排出するために分泌されるホルモンが、過剰に分泌されることで生理痛が起こるといわれています。このプロスタグランディンは、子宮を収縮させる働きをもっているため、頭痛や腰痛、冷えや吐き気などの原因であるとされています。
また、生理痛は子宮が未熟である場合には、重い症状が出やすいといわれており、子宮が成熟する30代以降は生理痛が軽くなる傾向があるようです。個人の体質や、生活環境などのストレスを受けやすい人は、生理痛の症状が強くなるようです。ひどい痛みなどがある場合には、婦人科を受診されるのがいいでしょう。

■自分に合ったピルをみつけて
生理不順改善