女性のカラダと切って離せないのが生理です。男性には決して分からない生理痛の辛さなど、女性ならではのカラダの悩みがあります。当サイトでは生理についてのメカニズムや生理痛を制御するお薬などをご紹介してまいります。

生理のメカニズム

生理痛緩和のための低用量ピルの費用

生理痛緩和のためには、低用量ピルが有効とされています。低用量ピルは、医師であれば処方することができる薬ですが、現実問題として産婦人科以外の医師では処方されないことがほとんどです。
低用量ピルは、生理痛緩和などの月経関係のトラブル対策として以外にも避妊薬としても利用されています。費用としては、薬代以外にも初診料と指導料、処方料、検査料などの費用が必要になります。一般的には、全部合わせても1万円内で収まることがほとんどです。2回目からは費用がもう少し安価になります。
低用量ピルは、中用量ピルよりも薬代が高いことがあります。中用量ピルは何らかの病名がついて処方されるため保険が適用されます。しかし、低用量ピルの場合は、保険が適用されないため高くなってしまうことがあります。そのため、安価で手に入れることが可能な個人輸入で購入する人もいますが、個人輸入の場合は、偽物による身体トラブルだけでなく詐欺などの金銭トラブルなどを引き起こす可能性もあります。
生理痛緩和が目的であっても、低用量ピルが服用できない人もいます。服用できない人として、成分に対して過敏性素因がある人、診断の確定していない異常性器出血のある人、35歳以上で1日15本以上喫煙している人、高血圧の人、妊娠中もしくは妊娠の可能性のある人などです。さらに服用には慎重な判断を要する人として、40歳以上の人、喫煙者、肥満の人、軽度の高血圧、てんかん患者などです。
処方される際には、薬の飲み方や副作用などについての説明を受けることになります。検査なども含めて、年に数回は通院することになるため、あまり遠くの病院では不便になるため、近くの病院を選ぶことが望ましいです。