女性のカラダと切って離せないのが生理です。男性には決して分からない生理痛の辛さなど、女性ならではのカラダの悩みがあります。当サイトでは生理についてのメカニズムや生理痛を制御するお薬などをご紹介してまいります。

生理のメカニズム

間違えてお酒を飲むことで生理痛がひどくなる

生理中はアルコール類を控える必要があります。生理中は体の機能が低下しているために、アルコール分解がスムーズにいきません。そのため酔いが早くまわります。またお酒は出血を促すこともあるため、貧血になることもあります。ですから生理中は体が非常にデリケートになっているため、お酒を避けなければいけません。晩酌が習慣になっていたり、付き合いなどでどうしても避けることが難しいこともあるかもしれません。しかし体のことを優先させて、きっぱりと断る必要があります。また生理痛のために鎮痛剤を服用しているなら、一切アルコールを避ける必要があります。しかし時には間違えてお酒を飲んでしまうことがあるかもしれません。ソフトドリンクだと思ったらアルコールだったということもあります。またノンアルコールだと思ったのに、間違えてアルコール飲料を飲んでしまったということもあるかもしれません。飲んでしまったものを出すことはできませんので、よく気を付ける必要があります。場合によってはアルコール摂取後に生理痛がひどくなることがあります。生理中は体調が悪いときの状態によく似ています。病気ではありませんが、デリケートになっていますので飲食には十分な注意が必要です。ですから決して間違えないようにしなければいけません。生理痛はつらく、集中力も奪われます。多くの人は二日目や三日目に痛みを感じます。少しでも痛みを減らすためには食生活に注意が必要です。刺激の強いものや辛いもの油を大量に使った料理は避けるようにしましょう。体質によっては軽い運動が助けになります。運動により血行が良くなることで生理痛を軽減することができます。また鎮痛効果のあるホルモンが分泌するように、笑ったりリラックスしたりすることも大切です。